胸ポケットにペンを挿してはいけないの?

胸ポケットにペンを挿してはいけないの?スーツのジャケットの胸には、ポケットがある。 腰ポケットが両方にあるが、胸のポケットは片方のみ。
このポケット、ボールペン入れになっていないだろうか? まず、ボールペンを挿すのは美しくない。 確かに取り出しやすいのだが、ここはスマートに内ポケットに仕舞うべき。 7Q6A7853 さっと内ポケットに手を入れ、馴染んだボールペンを取り出す光景は悪くない。 このポケットは、実はある意味があって取り付けられた。
もちろん、ボールペン入れではない。 話は随分と遡り、フランス革命のさらに前。 人々はハンカチーフを手に持っていた。

そもそもなぜ手に持っていたかといえば、 もともとは頭にかぶっていたカチーフを、手に持って色や柄でファッションを楽しんだのだ。

しかしファッションは度を過ぎると嫌味になる、 色や柄ならまだしも、ついには大きさも形も競うようになる。
極端に大きなハンドカチーフを手に持つ者、さらには星型のハンドカチーフを持つ者まで現れたという。
あまりに華美なこの光景に、 マリーアントワネットが怒りをあらわにし、 夫、ルイの権力を利用して法律を作る。

その法律たるや、
ハンカチーフについては、白く、四角い物のみを認める、といったような内容。 こうして統一感ある白く、四角い現代でも使用しているポケットチーフの基礎が生まれた。

しかし、常に手に持っている文化についても改善がなされ、 最終的にはこのハンカチーフ入れポケットが開発された。 それがこの胸のポケットである。

つまるところ、このポケットにはボールペンではなく、 ポケットチーフのみを入れて良いというものであり、 それが一番美しいのである。
どうしてもポケットから自慢のボールペンを見せたいのならば致し方ないが、 くれぐれも100円ボールペンを胸に挿すことだけは避けたいところ。

コメントは受け付けていません。