メンズ・サイドゴア・ブーツに火をつけた紳士たち

サイドゴアブーツのオーダーシューズ アノネイブラウン

エレガントな甲、装飾もなくヒモもないシンプルなデザインの、サイドゴアブーツ。

サイドゴアブーツとは、ブーツの両サイドにゴム(エラスティック)が施されているのが特徴で、とても脱ぎやすく、そして履きやすいブーツです。座敷に上がる、得意先の自宅へお邪魔する、などの機会で靴を脱ぐ文化がある日本では実用的に感じる方も少なくないでしょう。

1960年代に、ビートルズブームが起きました。

このときビートルズが履き、その影響からモッズたちに瞬く間に広がり、一世を風靡したのが、チェルシーブーツですが、ロンドンのチェルシー地区からのネーミングでチェルシーブーツと呼ばれるようになったといわれるそのブーツも、サイドゴアブーツのことです。

サイドゴアブーツのオーダー靴 アノネイブラウン

このブーツは、イギリスのJスパーカーホールがある方のために考案したブーツなのだとか。

ある方とは、即位前のビクトリア。彼女が脱いだり、履いたりしやすく、それでいてフィット感のある靴を、という目的で開発されました。

ところが、このブーツを見て《ハマった》のが、彼女よりも、彼女の夫。

そう、アルバート公です。

英国議会の登院に履いたことから、今度はアルバートブーツという名前で呼ばれるようになりました。

 

こうして現代でも様々な呼ばれ方をするブーツですが、スーツスタイルに合わせてもエレガントながら、独特のエッセンスを感じるのはこうしたストーリーがあるからではないでしょうか。

レザーも黒や茶を選べばスーツスタイル、ジャケットスタイルにしっくりきますが、時にスウェードのサイドゴアブーツなども味わい深いものがあります。

独特のシンプルなフォルムがゆえ、履く毎に履きジワに渋みがある、そんなブーツではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。